移動式クレーン運転士 安全衛生教育講習



    次回の開催は
   2019年7月7日(日)の予定です。



<法的根拠>
労働安全衛生法第60条の2、第2項に基づく、「危険又は有害な業務に就いている者」
に対する、安全衛生教育に関する指針により、移動式クレーン運転士は一定期間ごと
(5年)の教育講習を受ける事となっており、当協会は実施機関に指定されています。

<クレーン安全協議会との連携>
平成6年より、総合建設業24社が加盟する「クレーン安全協議会」と当協会が一体となり
建設現場の特性に合った安全衛生教育を実施しています。

<修了者証の発行>
受講者には、受講済証及び修了者証を発行いたします。
「クレーン安全協議会」加盟の総合建設業各社の、工事現場の入場には「修了者証」が
必要です。
また、本教育を定期的に受講させている会員企業を優先して使用するよう、行政、元請
企業各社に働きかけを行っています。

 【クレーン安全協議会加盟各社一覧】(順不同)

 1. ㈱大林組   9. 清水建設㈱   17. 飛島建設㈱
 2. ㈱奥村組   10. ㈱錢高組    18. 西松建設㈱
 3. 鹿島建設㈱  11. 大成建設㈱   19. ㈱ノバック
 4. 鹿島道路㈱  12. 大成ロテック㈱   20. ㈱間組
 5. ㈱熊谷組   13. ㈱竹中工務店  21. ㈱フジタ
 6. ㈱鴻池組   14. 東急建設㈱   22. ㈱不動テトラ
 7. 五洋建設㈱  15. 東洋建設㈱   23. 前田建設工業㈱
 8. 佐藤工業㈱  16. 戸田建設㈱   24. 三井住友建設㈱